イリジウム M2M

HOME > ソリューション > 衛星M2M > イリジウム M2M

通信インフラが整備されたと言っても、地上の通信ネットワークを利用できるのは地球のわずか10%のエリアに過ぎません。
イリジウムは66基の低軌道衛星で文字どおりグローバルカバレッジを実現しており、静止衛星に比べて遅延も少ないのでM2Mに十分応用できます。

イリジウムの衛星配置

ネットワーク

衛星寿命が到来して久しいイリジウムの将来は、次世代衛星プロジェクト"Iridium NEXT"の成功にかかっています。

Iridium M2Mの可能性

Iridiumが製作したM2Mの可能性を謳ったビデオ

日本デジコムの取扱い製品

トラッキングやモニタリングに利用可能な以下の製品を取り扱っています。
詳しい利用条件等は弊社営業部までお問い合わせください。

リモセン用イリジウム端末 RST610

Solution

大幅なコスト削減を実現する船舶用メールシステムや、低速の通信回線でも途切れることなくリアルタイムに映像を送信できる監視カメラシステムなど、衛星通信を活用したさまざまなソリューションをご紹介します

Support

製品の購入、ご利用中のお客様の契約内容の変更、料金明細の確認、ファームウェアの更新情報、トラブルシューティングなどはこちらを参照ください