AVIATOR 200/アビエーター200

HOME > 衛星電話 > 航空用 > AVIATOR 200/アビエーター200

AVIATOR 200は、コブハム・サットコム社の航空用衛星電話AVIATORシリーズ中、最もコンパクトなシステムで、インマルサットSBBのクラス15に対応しています。


これまで航空機で衛星通信ソリューションを実現するには重量もサイズも大型のアンテナが必要で、投資額も大きくなることから、衛星通信装置を搭載できるのは大型機に限られてきました。


AVIATOR 200は小型軽量のジェットブレード型LGA(低利得アンテナ)を採用することで、小型機でのSBBサービス(音声通話と最大200kbpsのデータ通信)の利用を可能にしました。


・データと音声通話(最大3回線)が同時にできる
・システムはこれまでにない小型軽量
・スタンダードIP 最大200kbps
・WiFi接続に対応
・ルーター機能

システム構成

カバレッジマップ

おもな仕様

機種 AVIATOR 200
サービス 通話 最大3回線
スタンダードIP/ストリーミングIP
WiFi機能(オプション)
ルーター機能(オプション)
サイズ/重量 320.5/193.5/57.2 mm / 2.8kg
消費電力 30W @28VDC(最大83W)
動作温度 -25℃~+55℃
コネクター RJ-45、ARINC 404A
機種 AVIATOR 200
サイズ/重量 228/200/50 mm / 2.6kg
電力 SBUから供給
動作温度 -55℃~+70℃
コネクター ARINC 404A、SUB-D 15メス

AVIATOR 200のブレードアンテナを搭載したビーチクラフト・キングエア
Solution

大幅なコスト削減を実現する船舶用メールシステムや、低速の通信回線でも途切れることなくリアルタイムに映像を送信できる監視カメラシステムなど、衛星通信を活用したさまざまなソリューションをご紹介します

Support

製品の購入、ご利用中のお客様の契約内容の変更、料金明細の確認、ファームウェアの更新情報、トラブルシューティングなどはこちらを参照ください