SAILOR 900 VSAT

HOME > 衛星電話 > 船舶用 > SAILOR 900 VSAT

SAILORから1mクラスのKuバンドVSATアンテナ登場。


3軸制御の自動追尾アンテナは小型ながら抜群の安定性とパフォーマンスで、世界中の船舶に採用されています。

2つのアンテナを接続できる

SAILOR 900は、1つのモデムに2つのアンテナシステムを接続して使用することができます。2つのアンテナコントローラーが衛星-モデム間の接続を自動的に維持します。

Kaバンドへの移行に対応

今後出てくるHTS(High Throughput satellite)の多くはKaバンドを使用しますが、SAILOR 900はKuからKaへの移行が可能です。当初開発されたアンテナから、電子回路、リフレクター、レドームなどが、KuとKaの両方に対応できるよう改良されています。

アンテナ外形図




SAILOR 900 VSATシステムの接続例(FBBバックアップ)

おもな仕様

周波数帯域

Ku/Kaバンド(VSAT)
Rx 10.70~12.75 GHz
Tx 13.75~14.50 GHz

リフレクタサイズ

103cm

供給電源

20-32VDC

消費電力

175W(ピーク時370W)

アンテナケーブル

50Ω同軸(ACU-アンテナ間) NJ/NPコネクタ

アンテナ

送信利得 41.6 dBi @14.25 GHz
受信利得 40.6 dBi @11.70 GHz
EIRP 50.1 dBW以上

仰角範囲

-25°~ +125°

防水性能

IEC 945/IPX6

稼動風速

80kt

外形寸法

高さ 150cm 直径 130cm

重量

126.5kg

対応モデム

iDirect iNFINITI 5000シリーズ
iDirect Evolution X5
Comtech CDM-570L/625L
Comtech CDM-570L w ROSS
Generic VSAT Modem
Gilat SkyEdge Ⅱ
STM SatLink 2900

上記以外の情報につきましては、弊社までお問い合わせください。
Solution

大幅なコスト削減を実現する船舶用メールシステムや、低速の通信回線でも途切れることなくリアルタイムに映像を送信できる監視カメラシステムなど、衛星通信を活用したさまざまなソリューションをご紹介します

Support

製品の購入、ご利用中のお客様の契約内容の変更、料金明細の確認、ファームウェアの更新情報、トラブルシューティングなどはこちらを参照ください